ウィザーズが2連敗、八村塁は3P含む7得点

2戦連続で1桁得点に止まったウィザーズの八村塁
2戦連続で1桁得点に止まったウィザーズの八村塁2戦連続で1桁得点に止まったウィザーズの八村塁

現地11月26(日本時間27日)、NBAワシントン・ウィザーズは敵地でデンバー・ナゲッツと対戦。104 – 117で2連敗を喫し、戦績を5勝10敗とした。ウィザーズの八村塁は15戦連続での先発出場となったが、7得点に止まった。

第1Q(クォーター)、現在13勝3敗の強豪ナゲッツにややリードされていたウィザーズは、2Q(クォーター)序盤で27 – 27の同点に追いつく。しかし直後に再びリードを奪われると、以降は大量に点差を広げられ、試合終了までその差を大きく縮めることができなかった。

八村は第1Qで1本のダンクを決めたが、3P(ポイント)を含む3本のシュートに失敗。途中から出場した第2Qは連続で2つのファウルを犯したが、再びダンクでリングを揺らした。第3Qでもシュートの精度を欠いたものの、3P1本に成功。4つ目のファウルを犯したところでベンチに下がると、以降コートに戻ることはなかった。この日八村は22分1秒の出場で7得点4リバウンド2アシスト1スティール。

ウィザーズは次戦、27日(日本時間28日)にフェニックス・サンズとの対戦に敵地で挑む。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!