ウィザーズ八村塁、復帰には「まだ時間がかかる」…リハビリ中はNBA研究時間に

あまり事例のない負傷により復帰まで時間がかかるとした八村塁
あまり事例のない負傷により復帰まで時間がかかるとした八村塁あまり事例のない負傷により復帰まで時間がかかるとした八村塁

昨年12月16日(現地時間)のNBAデトロイト・ピストンズ戦で鼠径部を負傷して以来、欠場が続いているワシントン・ウィザーズの八村塁が、新年1月4日のデンバー・ナゲッツ戦に来場。試合前に取材に応じ、「復帰にはまだ時間がかかる」と話した。

ナゲッツ戦開始前にインタビューを受けた八村は、チームメートから心配の声をかけられたと話した一方、現在の症状については「だんだん良くなっている」としながらも、医師からは「事例が少ないため、回復に時間がかかる」と診断されたとし、2週間後に再検査を受けるという。

また、八村の股間を蹴る格好となってしまった同僚アイザック・ボンガについても「あれはアクシデントだった。自分がやってしまう可能性もある」と慮った。

八村は今回のリハビリ期間中、バスケの感覚を忘れないためにも、NBAの試合の映を観ながら研究する時間に当てていることを明かし、「頭でもバスケをしている。良い勉強ができている」と語った。学生時代から長期間の休みなく活動していたことから、今回の欠場期間をポジティブに捉えているとした。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!