ウィザーズ八村塁、20得点でブルズ戦勝利に貢献

復帰後4戦連続での2桁得点と、好調の八村塁
復帰後4戦連続での2桁得点と、好調の八村塁復帰後4戦連続での2桁得点と、好調の八村塁

現地11日(日本時間12日)、NBAワシントン・ウィザーズは敵地でシカゴ・ブルズと対戦し、126 – 114で大勝した。ウィザーズの八村は復帰後4戦連続での先発を飾り、20得点をマークするなど勝利に大きく貢献した。

 この日の試合は終始ウィザーズに主導権。開始早々でブルズに先制点を許したものの、その後すぐに八村とイザック・ボンガが連続で得点すると、以降は一度もリードを奪われることなく展開した。ブルズはザック・ラビーンが41得点と爆発したが、及ばなかった。

八村は31分48秒の出場で20得点4リバウンド3アシスト2スティール2ブロックとオールマイティな活躍。フィールドゴールは12本中7本、フリースローは6本すべて成功させた。

ブルズとの対戦は今季3度目。過去2試合はいずれも八村の欠場中に行われ、0勝2敗とまだ一度も勝利していなかったが、この試合で盛大に雪辱を果たす形となった。

ウィザーズは現在19勝33敗でイースタン・カンファレンス9位。プレーオフ圏内の8位についているオーランド・マジックとは3ゲーム差だ。次戦は12日(日本時間13日)、ニューヨーク・ニックスと対戦する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!