【NBA】ウィザーズ4勝目、八村塁は3試合ぶりの2桁得点

15得点でウィザーズの4勝目に貢献した八村塁
15得点でウィザーズの4勝目に貢献した八村塁15得点でウィザーズの4勝目に貢献した八村塁

現地11月20(日本時間21日)、NBAワシントン・ウィザーズはサンアントニオ・スパーズと対戦し、138 – 132で今季4勝目をあげた。八村塁は15得点を記録し、3試合ぶりの2桁得点となった。 

本拠地のキャピタルワン・アリーナにて、12戦連続の先発出場を決めた八村。第1Q(クォーター)は、フリースローを2本決めた直後に2つ目のファウルを犯し、わずか3分11秒でベンチに下がった。第2Q途中からコートに戻ると、ダンクを含む6得点をマーク。ウィザーズは63 – 69の6点ビハインドで前半を折り返した。

後半、一時は10点まで点差が開いたものの、ウィザーズはブラッドリー・ビールの連続得点などで徐々に追い上げ、第3Q残り5分8秒、アイザイア・トーマスの3P(ポイント)シュートで逆転。以降はリードを守りきり、今季3戦目にわずか2点差で敗れた相手に雪辱を果たした。

八村は後半でも積極的にリングを狙いつつ、リバウンドやアシストでも勝利に貢献。25分27秒の出場で15得点7リバウンド2アシストをマークした。

現在、ウィザーズの戦績は4勝8敗。次戦は22日(日本時間23日)、シャーロット・ホーネッツと対戦する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!