アンディ・マレーとセレナ・ウィリアムズ組がセンターコートを魅了

初めて組んだウィリアムズとマレーが初戦を突破
初めて組んだウィリアムズとマレーが初戦を突破初めて組んだウィリアムズとマレーが初戦を突破

6日、センターコートの4試合目として行われた混合ダブルスの1回戦で、アンディ・マレー(英国)とセレナ・ウィリアムズ(米国)の夢のコンビが実現した。アンドレアス・ミース(ドイツ)、アレクサ・グアラチ(チリ)組を6−4、6−1のストレートで破り、2回戦へ進出。大会公式ウェブサイトは「セレナ&Sirアンディのショー」と伝えた。

同サイトで公開された試合後記者会見の動画では、ウィリアムズは「楽しかったわ。勝つためにプレーしたけど、同時に楽しかった」、マレーも「タフな一年の後、セレナとセンターコートに戻ってくることができてよかった」と語っている。

またウィリアムズは「私にとっては、アンディとコートをシェアするのは本当に素晴らしいこと」、マレーも「セレナのように長い間に多くの成功を収めた後、そしてシングルスの試合でも勝った後の夜の8時に、まだ勝つ気で、戦える状態にあるのは素晴らしい」とお互いを讃えあった。

試合は本来5日に行われる予定だったが、センターコートの前の試合が長引き6日に延期されたため、ウィリアムズはシングルス、マレーは男子ダブルスでの試合をこなしてから、再びコートに立った。

2回戦ではファブリス・マルタン(フランス)、ラケル・アタウォ(米国)組との対戦となる。

  • イギリスのマレーがテニスで2大会連続金

    イギリスのマレーがテニスで2大会連続金

  • ロンドンSW19での五輪:ウィンブルドンとオリンピック

    ロンドンSW19での五輪:ウィンブルドンとオリンピック

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!