【ウエイトリフティング】世界選手権6日目:男子89kg級、山本俊樹がジャークで金メダル

ウェイトリフティング世界選手権、89キロ級ジャークで金メダルを獲得した山本俊樹
ウェイトリフティング世界選手権、89キロ級ジャークで金メダルを獲得した山本俊樹ウェイトリフティング世界選手権、89キロ級ジャークで金メダルを獲得した山本俊樹

IWF(国際ウェイトリフティング連盟)世界選手権が9月18日、タイのパタヤで開幕。大会6日目となる現地時間23日には、日本からは男子89キロ級、山本俊樹(ALSOK)が出場し、ジャークで金メダルを獲得した。同階級はTokyo 2020(東京オリンピック)では非実施階級となる。

山本はスナッチで160キロ、ジャークでは1位となる208キロを挙げ、合計では5位入賞。自身の持つ日本記録を更新した。

なお、オリンピックではスナッチとジャークの合計のみが表彰されるが、世界選手権ではそれぞれ個別にメダルが授与されるため、山本はジャークで金メダル獲得となった。

同階級トータルでの優勝はスナッチ167キロ、ジャーク208キロ、トータル375キロを記録したハコブ・ムクルチアン(アルメニア)だった。

男子89キロ級はオリンピックでは非実施階級のため、山本は96キロ級で東京オリンピックに出場する予定。

24日は女子76キロ級に神谷歩が出場する。

日程詳細はこちら:【ウエイトリフティング世界選手権】日程&結果・放送予定 | 八木かなえ、糸数陽一らの東京五輪出場権獲得なるか?

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!