ウエイトリフティング

【ウエイトリフティング】八木かなえ、糸数陽一らがコロンビアオープンにエントリー、3月19日開幕

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
コロンビアオープンにエントリーした八木かなえ

【3月16日追記】日本ウエイトリフティング協会は3月16日、コロンビアオープンシニア選手権大会への選手団派遣中止を発表した。コロンビア大統領がコロナウイルス感染・拡大防止対策として、アジアおよび欧州からの渡航者の入国制限(滞在者は2週間の隔離)を発表したことを受けて、コロンビア大会事務局から日本の参加を受け入れられない旨の連絡があり派遣中止が決まった。今後の競技会開催、オリンピック参加システムなどについては3月17日、18日に行われる国際ウエイトリフティング連盟(IWF)理事会の後に発表予定。

日本ウエイトリフティング協会は3月13日、コロンビアオープンシニア選手権大会への選手エントリーを発表した。大会は現地時間3月19日から3月22日まで、コロンビアのカリ市で行われる。

現地時間2月28日と29日に韓国・ソウルで予定されていた東アジア選手権が、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために開催中止となり、同大会に出場できなかった選手をコロンビアオープンシニア選手権大会に急遽エントリーすることになった。

Tokyo 2020(東京五輪)開催国の日本には男子3名、女子3名の出場枠が割り当てられている。日本ウエイトリフティング協会は2月18日に、IWFから開催国参加枠獲得システムのルール変更に関する事前連絡があったことを公表。日本が最大4名枠を獲得するための条件を公式サイトで明らかにしている。

コロンビアオープンシニア選手権大会にエントリーした選手は以下のとおり。

  • 女子55kg級 八木かなえ(兵庫県/ALSOK)
  • 女子59kg級 安藤美希子(千葉県/FAコンサルティング株)
  • 女子76kg級 見附絵莉(大阪府/大阪府警)
  • 女子76kg級 神谷歩(石川県/金沢学院大学・職)
  • 男子67kg級 糸数陽一(東京都/警視庁)
  • 男子81kg級 笠井武広(東京都/ALSOK)
  • 男子109kg級 持田龍之輔(東京都/ALSOK)
  • 男子109kg級 白石宏明(埼玉県/自衛隊体育学校)
  • 男子+109kg級 村上英士朗(富山県/有限会社ファーテル)