陸上競技

ウサイン・ボルト氏、お馴染みライトニング・ポーズを2682人で敢行し、ギネス新記録達成!

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

12月21日、世界最速の男ことウサイン・ボルト氏が日本の新国立競技場近くで、お馴染みの『ライトニング・ボルト・ポーズ』を複数人で取るというギネスチャレンジを敢行。これまでの記録だった2609人を超える、2682人の最高記録を樹立し、ギネス公式認定員に認められた。

北京、ロンドン、リオデジャネイロオリンピックの100メートル、200メートルの3連覇覇者にして、現在も世界最速記録の保持者であるボルト氏は、同日に行われる新国立競技場のこけら落としイベントの特別レース"ONE RACE"に出場するために、11月に続いて来日した。そんなボルト氏といえばレース直後の勝利のポーズでもお馴染みだが、特別レース前に、そのポーズのギネス記録更新に挑戦した。

新国立競技場の近くにある聖徳記念絵画館前に、ボルト氏と記録更新のために集まった観衆がポーズを取った。ポーズは30秒維持することが求められ、なおかつ全ての人のポーズがはっきり見える必要があったが、ギネス公式認定員の確認のもと無事成功。これまでの記録だった2602人を超える、2682人を達成した。

ボルト氏のライトニングポーズ複数人ギネス記録はこれまで2609人だったが、2682人でギネス記録を更新