キプチョゲ参加のマラソンイベント開催:新型コロナと戦う医療機関へ寄付

NNランニングチームとモルテンが主催する、スマートフォン用アプリを利用したマラソンイベントが、6月6日から7日にかけて世界同時開催される。一般から参加者を募るほか、マラソン世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ(ケニア)や歴代2位のケネニサ・ベケレ(エチオピア)も参加する。

2時間01分39秒のマラソン世界記録を保持するエリウド・キプチョゲ
2時間01分39秒のマラソン世界記録を保持するエリウド・キプチョゲ2時間01分39秒のマラソン世界記録を保持するエリウド・キプチョゲ

モルテン社の公式サイトによれば、キプチョゲやベケレのほか、ハーフマラソン世界新記録保持者ジェフリー・カムウォロレ(ケニア)、日本のトップランナーである佐藤悠基(日清食品グループ)、福田穣(西鉄)、髙久龍(ヤクルト)が参加。また一般からも、スマホアプリ「STRAVA(ストラバ)」をダウンロードして、「モルテンラン・チーム」に参加することでエントリーできる。

参考:NN Running Team × MAURTEN

このイベントの参加者には、モルテン公式サイトまたは指定するモルテン販売店で使用できる割引クーポンが発行される。このクーポンが使われた売上金の一部は日本赤十字社を通じて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最前線となる、医療従事者の働く病院へ寄付される。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!