バスケットボール

グリズリーズがホークス戦に大勝 渡邊雄太も5分間出場

文: 大石ななみ ·
ツーウェイ選手の渡邊雄太が、今季13試合目の出場を果たした(写真は12月のサンズ戦)

現地3月2日(日本時間3日)、NBAメンフィス・グリズリーズは敵地でアトランタ・ホークスと対戦し、127 – 88で大勝した。グリズリーズの渡邊雄太はこの日もベンチ入りし、5分間の出場機会を得た。

グリズリーズは第1Q(クォーター)こそホークスにリードを許したが、第2Q序盤で逆転すると、そこからは相手を圧倒。コートに立った13選手のうち9人が10得点以上をマークするなど得点源が分散し、ディフェンスもうまく機能した。26点のリードでスタートした最終Qではさらに点差を広げるなど相手の戦意を喪失させ、見事39点差で勝利を収めた。

渡邊は第4Q残り5分25秒、111 – 75の場面でコートイン。ジャンプシュートを試みたが失敗、そのままラストまで出場して1アシストをマークするにとどまった。

グリズリーズはこの日、ベンチプレイヤーのゴーギー・ジェンがチーム最多17得点10リバウンド、タイアス・ジョーンズが15得点と両チーム最多9アシスト4スティールの活躍。スターターのヨナス・バランチュナスも15得点15リバウンドをマークした。

グリズリーズはこの勝利で戦績を30勝31敗とし、順位はウェスタン・カンファレンス8位をキープ。次戦は4日(日本時間5日)、ブルックリン・ネッツと対戦する。