ゴルフ世界ランキング【10/7版】畑岡奈紗が自己最高3位に浮上、渋野日向子は変わらず11位

国内メジャー史上最年少の4勝を挙げ、東京五輪への切符にさらに近づいた畑岡奈紗
国内メジャー史上最年少の4勝を挙げ、東京五輪への切符にさらに近づいた畑岡奈紗国内メジャー史上最年少の4勝を挙げ、東京五輪への切符にさらに近づいた畑岡奈紗

10月7日付のゴルフ世界ランキングが男女ともに公開され、女子では「日本女子オープン」を制した畑岡奈紗が自己最高の3位に浮上。渋野日向子は変わらず11位だった。

海外ツアーを主戦場とする畑岡奈紗は、9月中旬の「日本女子プロゴルフ選手権」に優勝し、前週の日本女子オープンも2年ぶり3度目の優勝を果たしたことで女子世界ランキング(Rolexポイントランキング)を6位から3位へと更新した。同年の国内メジャー2連勝だけでなく、史上最年少の国内メジャー4勝目を挙げ、自己最高位だった4位を超えた。

日本人2番手は変わらず11位の渋野日向子。畑岡を追う渋野は次週の「スタンレーレディスゴルフトーナメント」、24日開幕の「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」に出場後、2度目の海外ツアーとなる「スウィンギングスカートLPGA台湾選手権」に主催者推薦で出場する。

ほかの日本勢は鈴木愛が26位、比嘉真美子が52位、上田桃子が55位、河本結が58位だった。

女子1位はコ・ジンヨン、2位はパク・ソンヒョン(ともに韓国)で変わりがなかった。

View this post on Instagram

. #畑岡奈紗 史上最年少の20歳266日で、公式競技4勝を達成。 6メートルのウイニングパットを沈め、ようやく笑顔がのぞいた。「1打でもいいスコアであがりたかった。やっと、終わったなぁと思ったら、ほっとしました」 優勝おめでとう🎉🎉🎉 #LPGAツアー優勝者セルフィ #winnersselfie #gettysport<Atsushi Tomura/Getty images> #日本女子オープンゴルフ選手権 #COCOPARESORTCLUB#白山ヴィレッジゴルフコースQUEENコース #日本ゴルフ協会#JGA#NHK #日本女子プロゴルフ協会#lpga#女子ゴルフ#ゴルフ女子#ゴルフ#golf #スポーツ庁#三重県#津市

A post shared by 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)公式 (@lpgaofjapan_official) on

男子でもトップ3の1位ブルックス・ケプカ(アメリカ)、2位ロリー・マキロイ(北アイルランド)、3位ダスティン・ジョンソン(アメリカ)で変化なしだった。

日本勢は松山英樹が28位をキープした以外は軒並みダウンし、今平周吾がひとつ下げ65位、星野陸也が4つ下げて102位に。また、前週、2年9ヶ月ぶりにトップ100圏内となる99位に浮上した石川遼は106位にダウンし、東京五輪出場への道は険しい状況となった。

日本男子勢は国内メジャーの日本オープンゴルフ選手権(10月17日~20日、福岡)、さらに日本初のPGAツアーとなるZOZOチャンピオンシップ(10月24日~27日、千葉)を控えており、日米メジャー大会でランクアップを狙う。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!