【ゴルフ】ウェイストマネジメント・フェニックスOP2日目:松山英樹は55位Tで薄氷の予選通過

大会通算3勝目を狙う松山英樹
大会通算3勝目を狙う松山英樹大会通算3勝目を狙う松山英樹

米男子ゴルフPGAツアーの「ウェイストマネジメント・フェニックス・オープン」2日目が、現地時間1月31日にTPCスコッツデール(アリゾナ州・7261ヤード/パー71)で行われた。松山英樹は、スコアを3つ落とし通算1アンダーの55位タイで、予選を通過した。首位はJ.B.ホームズ。

首位と6打差の13位タイから出た松山英樹は、1バーディ、4ボギーの「74」で2日目をプレー。首位と12打差の通算1アンダーとし、カットラインとなる55位タイで予選を通過した。松山は「ウェイストマネジメント・フェニックス・オープン」では、初出場の2014年から22ラウンド連続でオーバーパーなしだったが、その記録が途切れた。小平智の2日目は、1バーディ、5ボギーでスコアは「75」。通算6オーバーで予選落ちした。

単独首位に立ったのは、この日3打差の3位からスタートしたJ.B.ホームズ(アメリカ)。1イーグル、6バーディ、2ボギーの「65」でスコアを6つ伸ばし、トータル13アンダーとした。1打差の2位はウィンダム・クラーク(アメリカ)、3位にはビリー・ホーシェル(アメリカ)とアン・ビョンフン(韓国)が並んでいる。

ウェイストマネジメント・フェニックスOP放送予定

ウェイストマネジメント・フェニックスOP2日目:順位

1位/-13:J.B.ホームズ(アメリカ)
2位/-12:ウィンダム・クラーク(アメリカ)
3位T/-11:ビリー・ホーシェル(アメリカ)、アン・ビョンフン(韓国)
5位/-10:スコット・ピアシー(アメリカ)

55位T/-1:松山英樹ほか12名

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!