ゴルフ

【ゴルフ】ゴルフ5レディス最終日:黄金世代・小祝さくらがツアー2勝目

文: 渡辺文重 ·

JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)ツアー、2020-21シーズン第4戦「ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント」は9月6日、最終ラウンドを迎えた。通算11アンダーで首位スタートの小祝さくら(ニトリ)は、最終ラウンドもスコアを6つ伸ばし、2位に6打差をつけて優勝した。

2019年の「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」以来となるツアー2勝目。小祝は北海道北広島市出身、1998年4月15日生まれの22歳で、渋野日向子(11月15日生まれ)、畑岡奈紗(1月13日生まれ)らと同じく、1998年度生まれの「黄金世代」となっている。

ゴルフ5レディスは、岐阜県瑞浪市のGOLF5カントリーみずなみコース(6571ヤード/パー72)にて、無観客で開催された。

ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメントリーダーボード(JLPGA公式)