【ゴルフ】ジェネシス招待4日目:アダム・スコットが優勝…松山英樹は猛追も5位タイ

アメリカ合衆国カリフォルニア州のリビエラカントリークラブで開催されたPGAツアー「ザ・ジェネシスインビテーショナル」が現地時間2月16日、最終日を迎えた。優勝は、通算11アンダーのアダム・スコット(オーストラリア)。松山英樹は11位タイから猛追も、3打差の5位タイだった。

大会ホストを務めるタイガー・ウッズと優勝のアダム・スコット
大会ホストを務めるタイガー・ウッズと優勝のアダム・スコット大会ホストを務めるタイガー・ウッズと優勝のアダム・スコット

3日目終了時点で、アダム・スコットとローリー・マキロイ(北アイルランド)、マット・クーチャー(米国)の3人が首位に並ぶ展開。しかし最終日はクーチャーが1オーバー、マキロイが2オーバーとスコアを落とす。そうした中、アダム・スコットは1アンダーの「70」でまとめる。最終日「68」のスコット・ブラウン(米国)、「69」のカン・スンホン(韓国)を抑え、アダム・スコットが優勝を果たした。

松山英樹は最終日を「69」で回ったが、通算8アンダーで5位タイ。3日目に「76」と大きく崩れたタイガー・ウッズ(米国)は最終日も調子を戻せず「77」。通算11オーバーで、予選通過した68人中最下位に沈んだ。

■ジェネシス招待2020結果

1.アダム スコット(豪州)-11

2.スコット ブラウン(米国)-9

2.カン スンホン(韓国)-9

2.マット クーチャー(米国)-9

5.松山英樹(LEXUS)-8

5.ジョエル ダーメン(米国)-8

5.ブライソン デシャンボー(米国)-8

5.マックス ホーマ(米国)-8

5.ローリー マキロイ(北アイルランド)-8

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!