ゴルフ

【ゴルフ】スコットランド女子OP最終日:ルイスが3年ぶり優勝…畑岡奈紗と野村敏京は12位T

文: 渡辺文重 ·

女子ゴルフ「スコットランド女子オープン」は現地時間8月16日、最終ラウンドを迎えた。通算5アンダーで並んだ4人によるプレーオフを制したのは、ステーシー・ルイス(アメリカ合衆国)。畑岡奈紗(アビームコンサルティング)と野村敏京は、首位と4打差の12位タイだった。

4人によるプレーオフを制したステーシー・ルイス

最終ラウンドを通算7アンダー、単独首位で迎えたアサハラ・ムニョス(スペイン)は2バーディー2ボギー1ダブルボギーで、スコアを2つ落としてホールアウト。1打差2位スタートのルイスも、3バーディー2ボギー1ダブルボギーでスコアを1つ落とし、ムニョスと並ぶ。上位がスコアを落とす中、8位タイ開始のエミリー・クリスティン・ペダーセン(デンマーク)は4バーディー1ボギー、4位タイ開始のシャイアン・ナイト(米国)は4バーディー3ボギーとスコアを伸ばし、通算5アンダー。勝負はプレーオフ決着となる。

プレーオフは18番での1ホール目、唯一バーディーとなったルイスが優勝に輝いた。ルイスのLPGAツアー制覇は3年ぶり、通算13勝目。再開後のLPGAツアーを2戦とも制していたダニエル・カン(米国)は5位だった。

通算1アンダー、11位タイで最終日を迎えた畑岡は4バーディー4ボギーとスコアを伸ばせず。通算1オーバー、17位タイの野村は4バーディー2ボギーとスコアを伸ばし、畑岡とともに12位タイで大会を終えた。

■スコットランド女子OP結果

優勝:ステーシー・ルイス(アメリカ合衆国)-5

2位T:アサハラ・ムニョス(スペイン)、エミリー・クリスティン・ペダーセン(デンマーク)、シャイアン・ナイト(アメリカ合衆国)-5

5位T:ダニエル・カン(アメリカ合衆国)ら2名 -4

・・・

12位T:畑岡奈紗(アビームコンサルティング)、野村敏京ら4人 -1

スコットランド女子OPはLPGA(全米女子プロゴルフ協会)ツアーと欧州女子ツアー(LET)による共催で、13日に(ルネッサンスクラブ/6453ヤード・パー71)で開幕。日本から参加の渋野日向子(サントリー)、河本結(リコー)、山口すず夏(環境ステーション)は予選落ちとなった。