ゴルフ

【ゴルフ】ツアー選手権初日:松山英樹は14位タイ

文: 鈴木花 ·

現地時間の9月4日、米国ジョージア州のイーストレイクでゴルフの『ザ・ツアーチャンピオンシップ(ツアー選手権)』が開幕した。

この大会は、フェデックスカップランキング上位30名が出場できるプレーオフ形式の今季最終戦。日本からは、松山英樹は今季通算ポイント10位タイで7年連続の出場を果たしている。ハンディキャップ制の大会で、松山は4アンダーの6位タイからスタートした。

松山英樹は、前半の第5、第7ホールでボギーを叩き、スコアを落とす。後半は持ち直し、第13、17ホールでバーディを取り、イーブンパーで初日を終えた。トータルスコア「-4」を維持した松山は、14位タイ。

首位は、米国のダスティン・ジョンソンとスペインのジョン・ラーム。「-10」の首位で大会に入ったダスティン・ジョンソンは、この日さらにスコアを伸ばし、「-13」とした。2位の「-8」からスタートしたジョン・ラームは、この日「-5」でホールアウト。好成績で首位タイまで順位を上げた。