ゴルフ

【ゴルフ】ツアー選手権最終日:ダスティン・ジョンソンが優勝…松山英樹は15位T

文: 鈴木花 ·

北米男子ゴルフPGAツアー「ザ・ツアーチャンピオンシップ(ツアー選手権)」の最終日(4日目)が、現地時間9月7日に行われた。前日スコアを3つ伸ばし、通算7アンダーの12位タイへ順位を上げた松山英樹(LEXUS)だったが、最終日はスコアを伸ばせず、15位タイで大会を終えた。

最終日の松山は、序盤からボギーを叩く、苦しい立ち上がり。2番でイーブンに戻すものの、4番にボギー、5番にバーディとバウンスバックを二度繰り返し、浮き沈みのある前半となった。2バーディ、3ボギーの「+1」で折り返すと、後半も10番でボギーを叩き、我慢が強いられる展開。焦れずにスコアを維持して迎えた終盤の16番、17番で連続バーディを奪う。スコアをのイーブンに戻し、反発力を見せた。

優勝は、フェデックスカップポイント(FCP)ランキング首位で大会に入ったダスティン・ジョンソン(アメリカ合衆国)。ハンディキャップ制のツアー選手権、通算10アンダーの首位でスタートすると、3日目まで首位をキープ。最終日も2アンダーでホールアウトし、通算21アンダーで優勝を飾った。初の年間王者に輝いたジョンソンは、賞金1500万ドル(約16億円)を手にした。

通算18アンダーの2位タイには、ジャスティン・トーマスとザンダー・シャウフェレ(ともに米国)。FCPランキング14位のシャウフレは、4日間の総ストローク数「265」と全選手中で最高のパフォーマンスを見せたものの、年間王者には3打及ばなかった。

TOUR Championship - 2020 Leaderboard(PGAツアー公式)

プレーオフ最終戦のツアー選手権に進出したFCPランキング上位30名にとって、今回は2019-20シーズンの最終戦となったが、PGAツアーの2020-21シーズンは、10日のセーフウェイ・オープンで開幕。17日には男子ゴルフのメジャー、全米OPが開催される。

Tournament Schedule(PGAツアー公式)