ゴルフ

【ゴルフ】ニトリレディス最終日:ルーキー・笹生優花が2戦連続で優勝

文: 渡辺文重 ·

JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)ツアー、2020-21シーズン第3戦「ニトリレディスゴルフトーナメント」は8月30日に最終ラウンドが行われ、ルーキーの笹生優花(ICTSI)が優勝した。笹生の優勝は第2戦「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」に続き、2戦連続となる。

2戦連続の優勝を飾った笹生優花

北海道の小樽カントリー倶楽部(6695ヤード/パー72)で開催されたニトリレディス。最終日は降雨によるコンディション不良のため、大幅に遅れて開始となった。またセカンドカットが導入され、27位タイまでの34人で最終ラウンドを実施。セカンドカットされた予選通過選手には、3日目終了時点の順位に応じ、賞金が配分されることとなった。

通算12アンダーの単独首位で最終日を迎えた笹生は、5バーディー2ボギー1ダブルボギーの「71」で回り、通算13アンダー。1打差で追う小祝さくら(ニトリ)は最終ラウンド、イーブンパーとスコアを伸ばせず、笹生の優勝となった。