ゴルフ

【ゴルフ】世界ランキング:三菱電機レディスを制した西村優菜がトップ100入り

文: 鈴木花 ·

男子の世界ゴルフランキングが11月1日に、女子ゴルフ世界ランキング「ロレックスランキング」が2日に、それぞれ更新された。日本勢のトップは、男子が松山英樹(LEXUS)の20位、女子が畑岡奈紗(アビームコンサルティング)の6位で、ともに前週から順位の変動はない。

Official World Golf Ranking

Rolex Women's World Golf Rankings

男女ともに上位に変動はなし。男子は1位にダスティン・ジョンソン(アメリカ合衆国)、2位にジョン・ラーム(スペイン)、3位にジャスティン・トーマス(米国)と続く。日本勢は20位の松山を筆頭に、今平周吾が73位、石川遼(CASIO)が101位、星野陸也が106位となっている。

女子は1位にコ・ジンヨン、2位にキム・セヨン(ともに韓国)、3位にネリー・コルダ(米国)。日本勢は6位に畑岡、15位に渋野日向子(サントリー)、17位に鈴木愛(セールスフォース)と続く。JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)ツアー第10戦「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」を制した西村優菜は順位を81上げて98位となっている。