ゴルフ

【ゴルフ】日本オープン選手権1日目:今平周吾が単独首位発進

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

国内男子プロゴルフメジャー大会「日本オープンゴルフ選手権」が10月15日に開幕。2018、19年賞金王の今平周吾(フリー)が単独首位に立った。今平は初日を5バーディ、1ボギーの「66」でラウンドし、4アンダーをマークした。

1打差の2位タイに谷口徹(フリー)ら3選手、2打差の5位タイに片山晋呉(イーグルポイントゴルフクラブ)ら4選手がつけている。今大会がプロ転向後初戦となる金谷拓実(東北福祉大学)は2オーバーで48位タイ、石川遼(CASIO)は3オーバー63位タイで第1ラウンドを終えている。

日本オープンゴルフ選手権は10月15日から18日まで、千葉県野田市の紫カントリークラブ・すみれコース(7317ヤード/パー70)にて無観客で開催されている。

日本オープンゴルフ選手権 リーダーボード