ゴルフ

【ゴルフ】日本OP3日目:2日連続の日没サス…暫定首位は塩見好輝、3打差で今平周吾

文: 渡辺文重 ·

福岡県の古賀ゴルフ・クラブ(6817ヤード/パー71)で開催されている国内男子メジャー第3戦・第84回日本オープンゴルフ選手権。大会3日目の10月19日は8時より、日没サスペンデッドとなった第2ラウンド(R)を再開。午後から第3Rが行われたが、2日連続の日没順延となった。

暫定首位の塩見好輝(写真は5月のミズノオープン)

第2Rの未消化分が終了した時点でトップに立ったのは、通算4アンダーの塩見好輝(国際スポーツ振興協会)。前日、通算8オーバーでホールアウトし、予選落ちの可能性があった石川遼(CASIO)は、52位タイで予選通過となった。

午後から行われた第3Rも17時34分、日没のため競技中断、サスペンデッドとなった。この時点で暫定首位に立っているのは、通算4アンダーの塩見。3打差で、賞金ランキング1位の今平周吾が暫定2位。通算イブンパーの比嘉一貴が暫定で単独3位となっている。そして通算1オーバーの暫定4位タイには、市原弘大、カン・キョンナム(韓国)、スコット・ビンセント(ジンバブエ)、ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)、堀川未来夢(Wave Energy)が続く。

池田勇太は通算3オーバーで暫定10位タイ。アダム・スコット(豪州)、藤本佳則(国際スポーツ振興協会)らは、通算5オーバーで暫定18位タイ。石川は通算7オーバーで暫定27位タイとなっている。

第3Rは20日7時50分から競技再開となる。