【ゴルフ】日立3ツアーズ選手権:渋野日向子、鈴木愛擁する女子チームが4年ぶりの優勝

女子の優勝に貢献した渋野日向子と鈴木愛
女子の優勝に貢献した渋野日向子と鈴木愛女子の優勝に貢献した渋野日向子と鈴木愛

12月15日、ゴルフの男女、シニアの3ツアーが対抗戦形式で争う日立3ツアーズ選手権2019(賞金総額5700万円、優勝賞金3000万円)が千葉県・グリッサンドゴルフクラブで開催された。全英女王・渋野日向子や鈴木愛擁する女子(LPGA)が合計12ポイントで優勝した。

午前にフォアボール(2人のうち良い方のスコアを採用する)3試合、午後にフォアサム(1つのボールを交互に打つ)3試合を行う今大会。女子は1組目の申ジエ・穴井詩ペア、2組目の上田桃子・小祝さくらペアがそれぞれ1ポイントを獲得する。3組目には賞金女王の鈴木愛と全英女王・渋野日向子が登場し、1.5ポイントを手に入れた。

フォアサム3試合が実施された午後には女子チームの勢いがさらに増加。申・穴井ペア、上田・小祝ペアがいずれも3ポイントをマーク、鈴木・渋野ペアは2.5ポイントを記録しトータル12ポイントで4年ぶり5回目の優勝をした。

連覇を狙ったシニア(PGA)チームは合計8ポイントで2位、石川遼が参加した男子(JGTO)チームは合計7ポイントで3位だった。

女子(LPGA)チーム

  • 申ジエ(韓国)
  • 鈴木愛(セールスフォース)
  • 渋野日向子(RSK山陽放送)
  • 穴井詩(GOLF5)
  • 小祝さくら(ニトリ)
  • 上田桃子(かんぽ生命)

男子(JGTO)チーム

  • 今平周吾(フリー)
  • キム・チャン(アメリカ合衆国)
  • 石川遼(CASIO)
  • ハン・ジュンゴン(韓国)
  • 堀川未来夢(Wave Energy)
  • パク・サンヒョン(韓国)

シニア(PGA)チーム

  • プラヤド・マークセン(タイ)
  • ウィラチャン(タイ)
  • 倉本昌弘(フリー)
  • 秋葉真一(関文グループ)
  • 谷口徹(フリー)
  • グレゴリー・マイヤー(アメリカ合衆国)

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!