ゴルフ

【ゴルフ】国内男子ツアー年内最終戦・日本シリーズJTカップは無観客開催|出場資格などを変更

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

日本ゴルフツアー機構(JGTO)および大会主催者は11月9日、国内男子ゴルフ年内最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」を無観客で開催すると発表。同大会は12月3日から6日まで、東京よみうりカントリークラブ(稲城市)で行われる。また参加資格などが変更になることも発表された。

2020年の日本シリーズJTカップ出場者は、前年優勝者(石川遼)、2020年開催のジャパンゴルフツアー・ツアートーナメント上位3位タイまでの者、2020年開催のジャパンゴルフツアー・ツアートーナメントの獲得賞金上位者で30名に達するまで(海外メジャー獲得賞金含む)で構成される。また賞金総額も2019年の1億3000万円から1億円に変更し、優勝賞金2500万円(2019年は4000万円)で実施する。

大会要項

大会名称

  • 第57回ゴルフ日本シリーズJTカップ

会場

  • 東京よみうりカントリークラブ(東京都稲城市)

日程

  • 12月1日:指定練習日
  • 12月2日:指定練習日
  • 12月3日:第1日
  • 12月4日:第2日
  • 12月5日:第3日
  • 12月6日:最終日

賞金総額

  • 1億円(優勝賞金2500万円)

出場総人数

  • 30名

競技方法

  • 72ホールストロークプレー(予選カットなし)

出場資格

■前年度ゴルフ日本シリーズJTカップ優勝者

■2020年開催のジャパンゴルフツアー・ツアートーナメント上位3位タイまでの者

  • SMBCシンガポールオープン
  • フジサンケイクラシック
  • 日本オープンゴルフ選手権
  • 三井住友VISA太平洋マスターズ
  • ダンロップフェニックストーナメント

■上記以外で、2020年開催のジャパンゴルフツアー・ツアートーナメントの獲得賞金上位者で30名に達するまで(海外メジャー獲得賞金含む、有資格者除く)

※但し上記資格はツアーメンバーに限る。アマチュアは優勝した場合のみ。