ゴルフ

【ゴルフ】BMW選手権初日:松山英樹が単独首位発進、タイガー・ウッズは35位タイ

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

2019-20シーズンのアメリカプロゴルフ・PGAツアープレーオフシリーズ第2戦、「BMW選手権」(オリンピアフィールズCC・イリノイ州/7366yd、パー70)が現地時間8月27日に開幕。松山英樹は3アンダーで単独首位に立った。タイガー・ウッズは、前年度覇者ジャスティン・トーマスらと並び、35位タイにつけた。

BMW選手権で単独首位発進の松山英樹

2019-20シーズンのPGAツアープレーオフシリーズ第2戦となる今大会は、フェデックスカップポイントランキング上位70人に出場権が与えられる。最終戦となる次戦の「ツアー選手権」は30人で争われる。

7年連続「ツアー選手権」出場を目指す松山英樹(LEXUS)はインコーススタート。10番ホールでいきなりボギーを叩いたものの、続く11番をバーディ、12番をボギーとするなど、前半は1オーバーで終える。後半は4つのバーディを奪いスコアを伸ばし、6バーディ・3ボギーの「67」、3アンダーでホールアウト。2位に1打差をつけ、単独首位に立った。

現在フェデックスカップポイントランキング57位と、「ツアー選手権」出場に向け今大会でポイントを伸ばさなければならないタイガー・ウッズ(アメリカ)は、初日を2バーディ・5ボギーの「73」、3オーバーとした。首位の松山と6打差の35位タイにつけており、前年大会覇者で現在ポイントランキング2位のジャスティン・トーマス(アメリカ)らと並んでいる。

首位・松山と1打差の2位にはタイラー・ダンカン(アメリカ)、2打差の3位にはマッケンジー・ヒューズ(カナダ)。現在ポイントランキングトップのダスティン・ジョンソン(アメリカ)は4打差の14位タイとなっている。

BMW選手権の放送・中継予定

BMW選手権初日:結果

1位(-3):松山英樹(日本)
2位(-2):タイラー・ダンカン(アメリカ)
3位(-1):マッケンジー・ヒューズ(カナダ)
4位T(E):ローリー・マキロイ(北アイルランド)ら10人
14位T(+1):ダスティン・ジョンソン(アメリカ)ら7人
21位T(+2):アダム・スコット(オーストラリア)ら14人
35位T(+3):タイガー・ウッズ(アメリカ)ら11人