ゴルフ

【ゴルフ】BMW選手権3日目:松山英樹が首位タイに浮上

文: 渡辺文重 ·

北米男子ゴルフ・PGAツアー、2019-20シーズンのプレーオフシリーズ第2戦「BMW選手権」は現地時間8月29日、第3ラウンドが行われた。3位タイでスタートの松山英樹(LEXUS)は1イーグル2バーディー3ボギーでスコアを1つ伸ばし、通算1アンダーで首位タイに浮上した。

首位タイで最終日を迎える松山英樹

松山とともに首位に立つのは、ダスティン・ジョンソン(アメリカ合衆国)。2打差の3位タイで、ホアキン・ニーマン(チリ)、マッケンジー・ヒューズ(カナダ)、アダム・スコット(オーストラリア)が追う。タイガー・ウッズ(米国)は通算10オーバーで55位タイ。

フェデックスカップポイント(FCP)ランキング上位70人に出場権が与えられるプレーオフシリーズ第2戦、BMW選手権は米国イリノイ州のオリンピアフィールズ・カントリークラブ(7366ヤード、パー70)で開催。同ランク30位以内が最終戦「ツアー選手権」(9月4日開幕)へ進出する。