ゴルフ

【ゴルフ】JLPGAツアー、ニトリレディスとゴルフ5レディスが無観客開催へ

文: 渡辺文重 ·

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は8月3日、株式会社ニトリと連名で「ニトリレディス ゴルフトーナメント」の無観客開催と賞金総額2億円へ増額の増額を発表した。またLPGAは同日、株式会社アルペンと連名で「ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント」の無観客開催を発表した。

2019年のニトリレディスを制した鈴木愛

■ニトリレディス ゴルフトーナメント無観客開催、賞金増額も

JLPGAツアー「ニトリレディスゴルフトーナメント」は8月27日から30日にかけ、北海道小樽市・小樽カントリー倶楽部(6695ヤード、パー72)で開催。ただし、「ギャラリー、選手、ボランティアの皆さまの安全確保の観点から、無観客での開催の準備を進めて」いるとしている。

また賞金総額を1億円から2億円(優勝賞金3600万円)に増額。株式会社ニトリホールディングス代表取締役会長兼CEO、ニトリレディスゴルフトーナメント大会会長の似鳥昭雄氏は、「新型コロナウイルスの影響で多くの大会が中止になっている中で、明るい話題を届けてくれる女子プロゴルファーのために、今大会に限り賞金総額を2億円に増額することを決定し、全力で応援させていただきます」とコメントしている。

■ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント無観客開催

JLPGAツアー「ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント」は9月4日から6日にかけ、岐阜県瑞浪市・GOLF5カントリー・みずなみコース(6571ヤード、パー72)にて、無観客で開催されることが決定。「ギャラリー、選手、ボランティアの皆さまの安全確保の観点から」と、説明している。また「今後も政府及び自治体の見解や新型コロナウイルス感染状況等、事態の推移に伴い、大会開催の可否を含めて内容を変更する可能性がございますのでご了承ください」としている。

■2020-21シーズンのJLPGAツアー

JLPGAツアーは3月にシーズン開幕する予定だったが、16大会連続で中止。6月下旬のアース・モンダミンカップで開幕を迎えるも、その後の4大会も中止。次戦は8月14日に開幕する「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」となっている。ニトリレディスは「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の次、ゴルフ5レディスはニトリレディスの次に開催が予定されているJLPGAツアーとなっている。