ゴルフ

【ゴルフ】ZOZOチャンピオンシップ初日: 星野陸也と小平智が17位T発進、松山英樹と金谷拓実は39位T

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

アメリカ男子プロゴルフ・PGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」が現地時間10月22日に開幕した。日本勢で最上位につけたのは、星野陸也(フリー)と小平智(Admiral)。4アンダーで、首位と4打差の17位タイ発進とした。

松山英樹(LEXUS)は、初日を5バーディ・3ボギーの「70」でラウンド。金谷拓実(東北福祉大学)らと並び、2アンダーの39位タイにつけた。そのほかの日本人選手は、関藤直熙(エブリイ)が1アンダー51位タイ、石川遼(CASIO)が1オーバー64位タイ、堀川未来夢(Wave Energy)が2オーバー69位タイ、今平周吾(フリー)が3オーバー73位タイとなっている。

単独首位に立ったのは、8アンダーのセバスチャン・ムニョス(コロンビア)。1打差の2位には、ティレル・ハットン(イングランド)とジャスティン・トーマス(アメリカ)が並んでいる。大会連覇を狙うタイガー・ウッズ(アメリカ)は、4オーバー75位タイと出遅れた。

ZOZOチャンピオンシップは、アメリカ合衆国カリフォルニア州のシャーウッドカントリークラブ(7073ヤード/パー72)で開催されている。

ZOZOチャンピオンシップ リーダーボード