サッカー

【サッカー】なでしこL第15節:浦和がマイナビに勝利…なでしこジャパン候補が活躍

文: 鈴木花 ·

10月17日、日本女子サッカーリーグ・プレナスなでしこリーグ1部第15節の1試合が行われた。首位の浦和レッドダイヤモンズレディースがホームで7位のマイナビベガルタ仙台レディースを2-1で破り、暫定ながら2位との勝点差を「9」に広げた。

16日に発表された女子サッカー日本代表“なでしこジャパン”候補23名に6名を送り出した浦和は、その6選手、GK池田咲紀子、DF清家貴子、DF南萌華、MF猶本光、MF塩越柚歩、FW菅澤優衣香が先発。2分、左サイドバックの佐々木繭が右足で決めて先制する。佐々木は22分、左サイドからのクロスで菅澤の今季16点目をアシスト。対するマイナビは51分、なでしこジャパンに招集されたMF市瀬菜々がミドルシュート。浦和GK池田がこぼしたところをFW浜田遥が抜け目なく押し込んだ。

両チームの次戦は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により延期となった第9節。浦和は11月1日、アウェイで伊賀FCくノ一三重と、マイナビはホームで愛媛FCレディースと対戦する。