サッカー

サッカーにまつわる様々な疑問:サッカークラブが1シーズンに行える最大試合数は? 女性が男子サッカーリーグでプレー? 催眠術はサッカーに効く?

サッカーにまつわる疑問

イングランドのクラブは1シーズンに最大何試合戦うのか?

イングランドのチームは理論上最大何試合戦うのか?という質問に対し、アダムWはこう答える。「3つすべてのカップ戦で決勝まで進出し、再試合を最大限おこなった場合、ウルヴスは74試合戦うことになる。(プレミアリーグ:38試合、FAカップ:8試合、リーグカップ:6試合、ヨーロッパリーグ:22試合)」。

また、アンディ・ブルックは、「リーグ1(英3部相当)のチームはプレーオフで決勝まで進み、FAカップ(すべてのラウンドで再試合)、リーグカップ、EFLトロフィーで決勝まで進出した場合、1チーム当たり78試合プレーできる」という。

また、「彼らはもちろん最初のラウンドからカップ戦を戦い始めるだろう。そして大げさな考えではあるが、そのチームは理論上、昨シーズンにFAカップを優勝している可能性がある。その場合はコミュニティシールドを戦わなければならず、ヨーロッパの大会の試合もたくさんある」としている。

また、「もし同じチームが2年前のシーズンにFAカップで優勝し、1年前のシーズンFAカップとヨーロッパリーグで優勝した場合、チャンピオンズリーグで戦うことにならない?グループステージで敗退し、ヨーロッパリーグに回ることになるかな?」という投げかけに対してブルックは「まず1シーズン目にチャンピオンズリーグで優勝するが、国内リーグではプレミアリーグから2部のチャンピオンシップに降格する。それにより2シーズン目はチャンピオンズリーグ出場権を維持して、なおかつ優勝する。そしてFAカップで優勝したうえで、3部のリーグ1に降格する。そして3シーズン目はリーグ1を戦いプレーオフに進出、FAカップ、リーグカップ、EFLトロフィー、チャンピオンズリーグ、コミュニティシールド、スーパーカップ、クラブワールドカップをプレーすることになる!」と返した。

「それにより、国内リーグのレギュラーシーズンは46試合、プレーオフ3試合、FA カップ12試合、リーグカップ6試合(ヨーロッパの大会を戦っているため3回戦から出場)、EFLトロフィー8試合、チャンピオンズリーググループステージ6試合、CLで3位となりELに回った場合9試合。それに加えてコミュニティシールド1試合、UEFAスーパーカップでもう1試合、そしてクラブワールドカップでも2試合。全部で94試合になる」。

女性がプレーした男子サッカーの最高ディビジョンはいくつ?

女性がプレーした男子サッカーの最高ディビジョンはいくつか?という質問に対し、ハリー・シェイブは、「すでに多くの人がそう伝えているのを耳にしているかもしれませんが、それはパラオのトップリーグです」と答える。

「パラオサッカー協会のウェブサイトには、少なくとも2012年にパラオのトップリーグは男女混合のリーグだったと記載されている。男女混合チームだったのはKramers FCで、Jennifer AnsonとJane Menzという、少なくとも2人の女性をチームに含めていた。しかし、ほかのチームがメンバーに女性を含めていたという証拠が見つからないので、完全な混合リーグではなかったのかもしれない」と伝えている。

背番号と同じ時間にゴールした選手はいる?

プレミアリーグで最初に背番号と同じ時間に得点した選手はだれなのか。

「ピーター・ビーグリーは93-94シーズンの開幕戦であと1分に迫った。彼はエバートンで11番のユニフォームを着て10分に得点している」とティム・ポスティンスは話している。しかし、背番号と同時間のゴール記録もある。

1993年8月18日のシェフィールドユナイテッド戦で、マンチェスターユナイテッドのロイ・キーンが16番をつけて16分に得点している。

アーセナルのイアン・ライトはその3日後にシェフィールドウェンズデイ戦の8分にゴールを奪った。ほかにもブラックバーンのマイク・ニューウェルは8月24日のマンチェスターシティ戦で10分に、マンチェスターユナイテッドのリー・シャープは8月28日のサウサンプトン戦の5分にゴールを決めている。

16分にゴールを決めたロイ・キーン

催眠術はサッカーに有効?

公開が迫っている映画「The Men Who Stare at Goats」で米軍が超能力を使う描写を見て、私はフットボールの監督もしくは選手が超能力を使おうとしたことがあるのか、もしあるならそれが成功したという記録はあるのか、気になった」という質問に、グロスターシティのサポーターのシモン・クラークはこう答える。

「1959年8月22日に私たちは催眠術を試し、試合に勝つための効果があることを確認した。有名な催眠術師のヘンリー・ブライスに率いられ、私たちはマーサー・ティドフィルに3-1で勝利した。9月19日、この催眠術をライバルであるチェルトナムタウンにをもう一度試し、ロビンス(チェルトナムタウンの愛称)は1-3で敗れた。この実験は盛況のうちに終わった」。

出典:Could an English club really play 94 competitive games in a single season?

抄訳:オリンピックチャンネル編集部