【サッカー】アーセナル指揮官アルテタが新型コロナ感染…プレミアリーグも中断不可避に

アーセナル指揮官アルテタ、新型コロナウイルス陽性反応
アーセナル指揮官アルテタ、新型コロナウイルス陽性反応アーセナル指揮官アルテタ、新型コロナウイルス陽性反応

現地時間12日深夜、プレミアリーグのアーセナルは指揮官ミケル・アルテタが新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たと公表した。

現在、ヨーロッパでは多くの感染者が確認され、各国リーグやUEFAチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグなどで無観客試合のほか、中断や延期といった措置が取られている。

感染拡大はイギリスでも猛威を振るっており、アルテタ監督も新型コロナウイルスで陽性と診断された。アーセナルは当面のところ、濃厚接触者であるチームスタッフの隔離をすると発表。また、トレーニングセンターも除菌作業に入るほか、必然的に選手たちも当面のところ活動が困難となる。

今回の感染拡大に伴い、アーセナルはしばらくの間は試合実施が不可能となり、各コンペティションのゲームが延期となることが確実に。

また、プレミアリーグの全クラブが13日に緊急ミーティングを行うことになっており、ここで今後の方針が定まることになりそうだ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!