サッカー

【サッカー】エールディヴィジで堂安律vs板倉滉の五輪世代対決が実現…勝負はアウェーのPSVに軍配

ダンフリース弾で堂安律所属のPSVが勝利

現地時間8日に行われたエールディヴィジ第26節、フローニンゲンvsPSVで、五輪世代の日本人対決が実現した。

ホームのフローニンゲンはDF板倉滉が先発出場。一方、昨季まで在籍したフローニンゲンと古巣対決のPSV堂安律は、左サイドMFとしてスタメン出場を果たした。

この試合では開始7分に板倉がセットプレーの場面でシュートを放つも、これはPSV守備陣にブロックされてゴールならず。すると16分、PSVは右サイドを深くえぐったデンゼル・ダンフリースがゴールエリア右からシュートを決め、アウェーのPSVが0-1と先行。

PSVの1点リードで前半を折り返し、後半は堂安律がシュートを放つ場面もあったがゴールはならず、試合はこのまま0-1で決着。

U-23の日本人対決となったフローニンゲンvsPSVはアウェーのPSVが0-1で勝利を収めた。なお、板倉と堂安はともにフル出場となった。

PSVは勝ち点3を積み重ね、リーグ4位で優勝争いに望みをつないでいる。一方、フローニンゲンは勝ち点35のままで、順位を9位に下げた。