【サッカー】ハーツが5発大勝、指揮官交代後初勝利…食野亮太郎は終盤から途中出場

食野亮太郎はセント・ミレン戦で途中出場
食野亮太郎はセント・ミレン戦で途中出場食野亮太郎はセント・ミレン戦で途中出場

スコティッシュ・プレミアリーグ第13節、ハーツvsセント・ミレンが現地時間9日行われた。この試合でU-22日本代表FW食野亮太郎はベンチスタートとなった。

ハーツは10月31日に指揮官クレイグ・レヴェインを更迭。11月3日に行われたスコティッシュリーグカップ準決勝のレンジャーズ戦から暫定監督のオースティン・マクフィーが指揮を執っているが、この試合では0-3で敗れている。

指揮官交代後初のリーグ戦となったセント・ミレン戦は序盤から乱打戦となり、3-2で前半終了。後半に入り、ハーツは46分、77分と追加点を決め5-2とリードを広げる。

食野は80分からピッチに登場。後半アディショナルタイムには敵陣左サイドから右足でシュートを放つ見せ場もあったがゴールを決めるには至らず、5-2で試合はそのまま決着している。

レヴェイン監督解任直後のリーグ戦で、白星をつかみ取ったハーツは、これで暫定9位に浮上している。

  • 男子サッカー名勝負:BRA vs ESP | モントリオール1976

    男子サッカー名勝負:BRA vs ESP | モントリオール1976

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!