【サッカー】ハーツで苦戦中の食野亮太郎に地元紙が注目「序盤こそインパクトを残したが…」

ハーツFW食野亮太郎
ハーツFW食野亮太郎ハーツFW食野亮太郎

現在、スコットランドのハーツで苦戦が続いているU-23日本代表FW食野亮太郎について、地元メディアが特集記事を組んだ。

昨夏、ガンバ大阪からマンチェスター・シティに完全移籍を果たし、そこからレンタルでスコティッシュ・プレミアシップのハーツに期限付き移籍となった食野。ここまで公式戦19試合3ゴールの成績を残しているが、指揮官交代となった昨年12月以降は出場機会を減らしている。

イギリス『エディンバラ・イブニングニュース』は食野について「序盤こそインパクトを残したが、それから半年でここまで落ち込むとは予想できなかった」と紹介している。

「だがこれが今のメシノの現実だ。ダニエル・シュテンデルが指揮する12試合で、わずか4試合しか出番がなかった。直近3試合はベンチからも外れ、ボールを触る機会さえ失っている」

さらに食野は2020年に入り、U-23日本代表でチームから離脱する時期もあったため、まだ新指揮官からの信頼を得られていないようだ。

それでも記事では「テクニックというスキルについては、クラブでベストの1人であることは疑いようがない。ハーツに違いをもたらすことのできる引き出しを持っている選手だ。もしメシノがシュテンデルのハイプレッシングスタイルに適応し、信頼を勝ち取ることができれば、スコティッシュ・プレミアシップの残留争いに向け、戦力の一人として計算内に入る可能性が残されている」と伝えている。

クレイグ・レヴェイン前監督が更迭となり、年明けからAFC U-23選手権参戦のために所属先から離脱した食野亮太郎。ここから巻き返し、五輪メンバー入りに向けアピールできるのかどうか、後半戦の奮起が期待されるところだ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!