【サッカー】フィテッセと契約、本田圭佑のSNSを用いたここまでの活動に欧州メディアも驚き

フィテッセと契約を結んだ本田圭佑
フィテッセと契約を結んだ本田圭佑フィテッセと契約を結んだ本田圭佑

元日本代表MF本田圭佑は無所属の状態が続いていたが、エールディヴィジのフィテッセと今季限りの契約を結び、VVVフェンロ在籍時の2009年以来となるオランダリーグ復帰を果たした。

この動きを受け、スペイン大手メディア『AS』は、フィテッセと契約に至ったここまでの動向について注目し「SNSのアピールがフィテッセとの契約につながった」との見出しで、驚きをもって伝えている。

記事では「33歳の日本人アタッカーは、メルボルン・ヴィクトリーとの契約が切れ、フリーの状態が続いていた。本人がマンチェスター・ユナイテッドや古巣のミランにSNSで自らアピールをし、その末にフィテッセへ行き着いた」と紹介。本人がこれまで『Twitter』で“就職活動”をしていたことから、SNSによる影響力から契約締結のきっかけになったと強調している。

「本田は日本代表として98試合に出場し、37ゴールをマーク。2018年のロシア・ワールドカップを最後に代表から引退を表明したが、この選手は日本代表として初となる、ワールドカップ3大会連続ゴールを決めている」

本田は2020年に控えている東京五輪のメンバーにオーバーエイジとして入ることを希望し、今季の所属先を求めていた。結果的にCSKAモスクワ時代の恩師であるレオニード・スルツキ現フィテッセ監督との縁もあり、オランダで再スタートすることになった。欧州メディアでこの話題は、SNSを通して契約に至った新時代の事例として、スポットを浴びているようだ。

現時点で東京五輪のオーバーエイジ枠に選ばれるかどうかは不透明な状況にあるが、本田は五輪参戦に見合うだけの活躍を、エールディヴィジで見せることはできるのだろうか。今後の活躍が期待される。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!