サッカー

【サッカー】ヘタフェ指揮官、新加入の久保建英に信頼「我々の哲学を完全に理解している」

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

スペイン男子サッカー1部ラ・リーガのヘタフェCFのホセ・ボルダラス監督は、今冬の移籍市場で加入したカルレス・アレニャと日本代表MF久保建英に高い評価を与えた。現地時間1月20日に行われたラ・リーガ第19節・SDウエスカ戦、加入2試合目の久保は初の先発出場。存在感を示した。

ウエスカ戦で久保は80分まで出場。直接FKからのシュート、ドリブル突破、効果的なパスと、見せ場を作った。ヘタフェは1-0で勝利。アレニャも87分まで出場している。ボルダラス監督は試合後の会見で次のように述べた。

「久保とアレニャは我々の哲学を完全に理解している。加入から間もないにもかかわらず、ヘタフェを助けてくれる存在となった。彼らはとても大きな熱意を持っているし、同時に多くの可能性も秘めている。ヘタフェに素晴らしい結果をもたらしてくれるはずだ」

スペインの強豪FCバルセロナの育成組織、ラ・マシア出身という共通点がある久保とアレニャ。ボルダラス監督は、新加入の2選手を頼れる存在と認識したようだ。なお、ウエスカ所属の岡崎慎司は、79分から途中出場している。