【サッカー】マジョルカがバレンシアに4発快勝!途中出場久保建英は見せ場作るもゴールならず

久保建英はバレンシア戦で途中出場
久保建英はバレンシア戦で途中出場久保建英はバレンシア戦で途中出場

現地時間19日、リーガ・エスパニョーラ第20節マジョルカvsバレンシアの一戦がソン・モイシュで行われた。この試合で久保建英はベンチスタートとなった。

試合は開始7分、アントニオ・ライージョがヘディングシュートを決め、マジョルカが先制。リーグ18位と下位に低迷しているマジョルカだったが、この後もカウンターから好機を生み出し、7位バレンシアのゴールを脅かす。

22分、41分とアンテ・ブディミルが追加点を決めマジョルカは前半だけで3点をリードしてハーフタイムへと突入する。

後半に入り51分、バレンシアの司令塔ダニエル・パレホが2枚目のイエローカードを受け、3点ビハインドのバレンシアは数的不利に陥る。

マジョルカは最初の交代で今冬獲得したサイドアタッカー、アレハンドロ・ポソを投入し、右サイドに据える。79分にはマジョルカのダニ・ロドリゲスがミドルレンジから強烈なシュートを決め、4-0とリードを広げた。

この直後、久保建英が3枚目の交代カードとして左サイドMFに入った。するとバレンシアは82分にフェラン・トーレスが一矢報いるゴールを決め、4-1に。

久保は試合終盤にゴールエリア右から右足でシュートを放つもGKジャウメ・ドメネクのワンハンドセーブによりゴールはならず。アディショナルタイムには久保が左サイドから鋭いクロスを放ち、ブディミルがハットトリックかと思われたがシュートは枠から外れ、追加点とはならなかった。

試合はこのまま4-1で決着し、マジョルカが今季5勝目を飾った。勝ち点を18に伸ばし、暫定17位に浮上している。

年明けホームでの初戦を勝利で飾ったマジョルカ。久保建英にとっては途中出場で存在感を示した一方で、新加入U-21スペイン代表FWポソとのポジション争いという点でも、後半戦は真価が問われることになりそうだ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!