【サッカー】マジョルカ久保建英、敵地レバンテ戦でフル出場もチームは1-2黒星

久保は敵地レバンテ戦でフル出場
久保は敵地レバンテ戦でフル出場久保は敵地レバンテ戦でフル出場

リーガ・エスパニョーラ第14節レバンテvsマジョルカの一戦が現地時間22日に行われた。久保建英はこの試合で3試合連続となる先発出場を果たしている。

マジョルカの久保は4-2-3-1の左サイドMFを主戦場にしながら攻撃の起点となり、積極的にパスワークに絡んでいくがなかなかレバンテゴールを脅かすことができず、試合はスコアレスのまま進む。

ようやくスコアが動いたのは、後半に入ってからの52分だった。レバンテは後方から放り込まれたボールにロジェールが頭で押し込み、先制ゴール。

追うマジョルカは65分、久保建英が攻撃の起点となり、ジョアン・サストレのお膳立てを受けたダニ・ロドリゲスが右足で決め、1-1の同点に追いついた。

敵地で追いついたマジョルカだったが、73分にレバンテが追加点を決め、スコアは2-1となってしまう。

1点を追うマジョルカはこの後もレバンテゴールに迫る。後半アディショナルタイムには久保のシュートが相手DFに当たり、コースが変わるというシーンも。相手DFの手に当たったかのように見えたこともあり、久保はハンドをアピールするも、これはファウルとジャッジされなかった。マジョルカの反撃もここまでとなり、試合は2-1で決着している。

マジョルカは敵地でまたしても勝つことができず、リーグのアウェー戦ではこれで開幕から6連敗となった。順位も暫定16位と降格圏が迫っていることもあり、ここからの奮起が期待される。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!