【サッカー】マジョルカ指揮官モレノが久保建英に賛辞「大きく成長している…愛すべき少年」

久保建英についてマジョルカ指揮官が賛辞
久保建英についてマジョルカ指揮官が賛辞久保建英についてマジョルカ指揮官が賛辞

マジョルカは次節3月1日、リーガ・エスパニョーラ第26節でホームにヘタフェを迎え撃つ。

現在、リーグ18位と降格圏にいるマジョルカ。対するヘタフェは暫定リーグ6位と上位争いを展開しており、マジョルカにとっては苦戦が予想される。この一戦を前に、マジョルカ指揮官ビセンテ・モレノが意気込みを示した。マジョルカの地元メディア『lavanguardia』がその言葉を伝えた。

「我々にとって厳しいレベルの試合になるだろうね。ヘタフェは上位にいるし、素晴らしいシーズンを送っている。ハードワークができるチームだし、今季はうまくいっているようだね」

「ホセ・ボルダラス(ヘタフェ指揮官)はヘタフェをよくまとめているね。ハイレベルなコンペティションで戦っても、しっかりと結果を残している。それは尊敬に値する仕事ぶりだし、憧れの気持ちさえ抱くよ。それは(ユルゲン)クロップや(ジョゼップ)グアルディオラが成し遂げている偉業とは異なる方向性で、感心するものだ」

だがヘタフェはミッドウィーク、UEFAヨーロッパリーグのラウンド32で、アヤックスとの試合を終えたばかり。マジョルカにとっては先週末から試合間隔が空いているが、指揮官は「彼らはアヤックスとの戦いを終えて間もないが、それが我々に味方してくれるといいんだけどね。おそらく過密日程を感じさせない戦いぶりを見せるはずだ」と警戒心を示した。

一方でマジョルカ指揮官は前節、敵地ベティス戦で1ゴール1アシストの活躍を見せた久保建英について、期待を寄せた。

「タケはここで様々な経験を得ていて、大きく成長しているね。先発として出場するための力を示しているし、彼はピッチ上で多くのオプションを見せてくれる。彼は愛すべき少年だよ。タケのような選手を指導することができて、幸せだと思っている」

マジョルカは上位争い中のヘタフェを下し、残留争いでアドバンテージを得ることができるのだろうか。マジョルカvsヘタフェは日本時間3月1日26:30キックオフとなる。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!