【サッカー】マジョルカMF久保建英、敵地ベティス戦で今季リーガ2得点目をマーク

久保建英がベティス戦でゴール
久保建英がベティス戦でゴール久保建英がベティス戦でゴール

現地時間21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第25節、ベティスvsマジョルカの一戦で久保建英が今季2ゴール目をマークした。

この試合で先発出場した久保は1-1で迎えた27分、左サイドからのクロスでアンテ・ブディミルのゴールをアシスト。すると3-2で1点を追う70分、バイタルエリアから前へと仕掛けると、最後は右足を強振。グラウンダーのシュートは相手DFの股を抜き、ゴール左へと吸い込まれた。久保はこれで2019年11月のビジャレアル戦以来となるリーガ2ゴール目となった。

試合は3-3で引き分け、マジョルカは勝ち点1を奪取。勝ち点を22に伸ばして暫定17位に浮上している。

久保は今季2ゴール目をマークしたものの、マジョルカは残留争いから抜け出せずにいる。ここから終盤戦に向け、マジョルカは勝ち点の取りこぼしが許されない状況が続きそうだ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!