サッカー

【サッカー】メッシが新型コロナウイルス感染拡大に伴い、SNSでメッセージ「愛する人との時間を大切に」

メッシが家族の大切さを説く

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、深刻化する新型コロナウイルスの話題について、SNSでメッセージを発した。

現在、世界中で新型コロナウイルスが深刻化している。ヨーロッパでもその感染スピードは爆発的な勢いとなっており、イタリアでは感染者が2万1000人を超えた。スペイン、ドイツ、フランスでも感染拡大し、ヨーロッパのサッカー界は当面のところ各国主要リーグが公式戦を中断する決断に至っている。

メッシは14日、自身のSNSを通して「こんなときだからこそ、愛する人たちとの時間を大切にしよう」と述べている。

「まず、世界中でこの状況は深刻なものとなっていて、今起こっていることに危機感を抱かざるを得ない。苦難の状況にいる人達が心配だよ。陽性となった方はもちろんのこと、その家族や友人、そして病院や保健施設など、第一線で働いている人たちにエールを贈りたい。彼らには本当に頑張って欲しいと思っている」

「あらゆる人の健康が何よりも大切だ。今、社会は危機的状況にあり、保健所など公的機関の方針に従って行動すべき。僕らは病気に対して、そう戦っていく必要がある」

「同時に、こういう状況だからこそ自宅に留まる必要があるね。だからみんな、愛する人たち、家族との時間を今は大切にしようよ。こんな時こそ、その尊い時間を楽しもう」

そしてメッシは「みんなにたくさんのハグを。きっとここから状況が良くなるはずだと確信している」とメッセージを綴り、ファンに励まし言葉をかけた。

メッシが住んでいるスペインは現在、6300名以上の感染者が確認されており、そのうち196人の死亡例が出ている。スペインは14日に非常事態宣言を出しており、業務や病院への外出、生活必需品の買い出しを除き、基本的には外出も禁止となっている。