サッカー

ルヴァン杯GS第3節、サンフレッチェ広島対サガン鳥栖が中止|鳥栖に新型コロナ陽性者が複数名確認されたため

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

日本プロサッカーリーグ・Jリーグは8月12日、同日19時キックオフ、2020JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第3節・サンフレッチェ広島対サガン鳥栖の中止を発表。鳥栖の選手・スタッフ複数名に、新型コロナウイルス(COVID-19)陽性、または陽性の可能性が高いと診断結果が出たためと説明している。

ルヴァン杯第3節広島vs鳥栖が中止

同試合はエディオンスタジアム広島で12日19時より開催予定だった。当該試合の取り扱い、および中止試合のチケットの扱いについては、決定次第発表するとしている。なお、プライムステージ組み合わせ決定オープンドロー(抽選会)は、8月13日17時より予定通り実施する。

鳥栖では、11日に金明輝監督が新型コロナウイルス陽性と判定された。12日にチーム内で新たに複数人の感染、感染の疑いが判明したため、試合中止が決定した。