サッカー世界ランキング:日本代表は28位をキープしてアジア最上位変わらず|12月19日更新版

最新のFIFAランクでアジア最上位を守った日本代表
最新のFIFAランクでアジア最上位を守った日本代表最新のFIFAランクでアジア最上位を守った日本代表

12月19日、FIFA(国際サッカー連盟)は最新の世界ランキングを発表した。日本代表は28位をキープし、アジア最上位を保った。

森保一監督率いる日本代表は、10日に開幕した「EAFF E-1サッカー選手権2019」に出場し、初戦の中国、第2戦の香港に勝利した。最終戦で韓国に0-1で敗戦し、優勝は逃したものの、28位に留まりアジアトップを維持した。E-1サッカー選手権を制した韓国は順位を1つ上げて40位になった。

A代表としての次戦は、来年3月26日のFIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選(兼AFCアジアカップ2023予選)のカタール戦となる。

他のアジア勢ではイランが33位、オーストラリアは42位、カタールは55位でいずれも前回と同じだった。

上位国に変動はなく、1位ベルギー、2位フランス、3位ブラジル、4位イングランド、5位ウルグアイだった。

上位国とアジアトップ5の順位

1.ベルギー

2.フランス

3.ブラジル

4.イングランド

5.ウルグアイ

28.日本

33.イラン

40.韓国

42.オーストラリア

55.カタール

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!