サッカー

サッカー世界ランキング:日本代表は28位をキープしアジア最上位に|11月28日最新版

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
最新のFIFAランクでアジア最上位になった日本代表

11月28日、FIFA(国際サッカー連盟)は最新の世界ランキングを発表した。日本代表は28位をキープしたため、イランを上回りアジア最上位になった。

日本は14日に行われたW杯アジア2次予選でキルギスと対戦し、2-0で勝利した。19日のベネズエラとの国際親善試合では1-4で敗戦したものの、2ポイントアップして28位に留まった。これまでアジア最上位だったイランがイラクにW杯2次予選で敗れ、順位を6つ落とし33位に落ちたため、日本がアジアトップになった。

他のアジア勢では韓国が順位を2つ落として41位、オーストラリアが順位を2つ上げて42位、カタールも順位を2つ上げて55位だった。

前回発表から上位5カ国は1位ベルギー、2位フランス、3位ブラジル、4位イングランド、5位ウルグアイと変わらなかった。