【サッカー】久保建英、バルセロナ戦にフル出場もマジョルカはメッシ3発含む5失点大敗

バルセロナ下部組織育ちの久保建英、バルサのトップチームと初対決
バルセロナ下部組織育ちの久保建英、バルサのトップチームと初対決バルセロナ下部組織育ちの久保建英、バルサのトップチームと初対決

リーガ・エスパニョーラ第16節、バルセロナvsマジョルカが現地時間7日行われた。

この試合でマジョルカ久保建英は先発出場。自身が下部組織時代に在籍したバルセロナのトップチームとカンプ・ノウで戦うことになり、バルセロナの熱心なサポーターからは、久保がボールを持つたびに指笛やブーイングを浴びせるという展開が続いた。

試合は序盤から地力に勝るバルセロナがマジョルカを圧倒。7分、GKからのフィードに抜け出したアントワーヌ・グリーズマンがネットを揺らしてバルセロナが先制する。

この後リオネル・メッシがミドルを決め、17分でバルセロナは2点を先行。マジョルカは35分にアンテ・ブティミルがシュートを放ち、ブロックに入ったバルセロナDFに当たってコースが変わり、2-1と1点を返す。

バルセロナはこれでギアを上げ、41分にメッシが2点目となるゴールを決めて3-1とすると、その2分後にはゴール前の混戦でルイス・スアレスが後方からのスルーパズをバックヒールでゴールへ流し込み、4-1となり前半終了。

後半に入りマジョルカは64分、右サイドで久保が起点となり、最後はハイクロスをブディミルが頭で合わせ、4-2となる。

バルセロナは83分にメッシがハットトリックとなるゴールを決めて、これがダメ押し点に。試合は5-2でバルセロナが勝利を収め、首位の座を堅守している。

久保はバルセロナのサポーターからブーイングを浴びることとなったが、要所で存在感を示し、改めて才能の片鱗を示す内容となった。だがマジョルカは今季これでアウェーゲーム7連敗となっており、順位もリーグ17位と残留争いに不安を残す位置にいる。

今後、久保がマジョルカで巻き返しの原動力となれるのか、期待が集まる。

  • 1996年アトランタ五輪ナイジェリア男子サッカーチーム

    1996年アトランタ五輪ナイジェリア男子サッカーチーム

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!