サッカー

【サッカー】久保建英、レアル・マドリー戦に出場…試合はマジョルカが大金星

久保建英がレアル・マドリー戦に出場

19日、リーガ・エスパニョーラ第9節、マジョルカvsレアル・マドリーの一戦が、マジョルカホームのソン・モイシュで行われた。今季、レアル・マドリーからマジョルカへのレンタルで加わっている日本代表MF久保建英は、59分から途中出場を果たしている。

この試合で先制したのはマジョルカだった。開始7分、ラゴ・ジュニオールが左サイドから突破でゴール前へと迫り、右足でファーのネットを揺らし、スコアが1-0となる。

いきなり追う展開になったレアル・マドリーは地力に勝ることもあり、ここから攻勢をかける。だがスコアはこの後なかなか動かず、1-0のまま試合は折り返す。

久保は2人目の交代選手として59分からピッチに登場。4-4-2の右サイドMFに入るも、窮地に陥っているレアル・マドリー相手に攻めあぐねる場面もあり、なかなか見せ場を作ることができず。

75分にはアルバロ・オドリオソラが2枚目のイエローカードを受けて退場処分となり、レアル・マドリーは数的不利に。10人となったレアル・マドリーはその後も11人のマジョルカを圧倒するも、最後までゴールネットを揺らすことができず、1-0でマジョルカがレアル・マドリー相手に大金星を獲得した。

マジョルカはこれで今シーズンのリーグ戦3勝目をマークし、勝ち点10で暫定14位に浮上。一方のレアル・マドリーは勝ち点18のままで、同じ節でバルセロナが勝利したため2位に順位を落としている。