【サッカー】久保建英、敵地でバジャドリー戦に先発も68分に交代…マジョルカは0-3黒星

久保は先発も、後半途中に交代
久保は先発も、後半途中に交代久保は先発も、後半途中に交代

現地時間3日、リーガ・エスパニョーラ第12節バジャドリーvsマジョルカの一戦が行われた。この試合で日本代表MF久保建英は先発出場を果たしている。

久保は4-1-4-1の中盤右サイドを主戦場としながらも流れの中で中央、左サイドとスイッチしながら、攻撃の起点としてバジャドリーゴールを打ち破ろうとする。

だがこの試合で先制したのはホームのバジャドリーだった。前半40分、CKの流れからファーに飛び込んだホアキン・フェルナンデスが頭で合わせ、スコアは1-0となり前半終了。

後半開始直後にはペナルティエリア内でマジョルカGKファブリが相手にファウルをしたとしてバジャドリーにPKが与えられ、エネス・ウナルがPKを沈めリードは2点に広がる。

マジョルカも要所でバジャドリーゴールに迫り、見せ場こそ作るがシュートを枠内に飛ばすことができず、なかなか反撃の糸口がつかめない。久保は68分に交代でベンチへ退いている。

試合は後半アディショナルタイムにバジャドリーのサンドロ・ラミレスが豪快ミドルを決め、3-0でフルタイムを迎えた。これでマジョルカは第10節から3試合連続で勝ち星なし。途中交代の久保にとっても不本意な内容となってしまった。

マジョルカは次節10日、ホームでビジャレアルを迎え撃つ。この試合で久保は存在感を示すことができるのだろうか。

  • 1996年アトランタ五輪ナイジェリア男子サッカーチーム

    1996年アトランタ五輪ナイジェリア男子サッカーチーム

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!