サッカー

【サッカー】今季3得点目の久保建英に相次ぐ称賛「マドリーでプレーすべき」「魔法使い」

マジョルカで今季3得点目を決めた久保建英

現地時間7日に行われたリーガ・エスパニョーラ第27節エイバルvsマジョルカで、日本代表MF久保建英が右足のグラウンダーのシュートを決め、2-1の勝利に貢献した。久保は今シーズン3ゴール目となった。

敵地で今季初勝利を挙げたマジョルカ。その勝利の立役者となった久保に対して、現地スペインメディアも賛辞の内容で伝えている。

スペイン有力メディア『MARCA』は久保の出来に3点満点中、両チーム最高タイとなる2点を付け「成長を辞めない久保。ゴール前で巧みなフェイントをかけながら、利き足ではない右でシュートを決めた」と伝えた。

同じく現地メディア『AS』は3点満点の評価を与え「彼は保有権のあるマドリーで居場所が与えられるべき選手。エイバル相手に、見事なゴラッソを決めてみせた」と伝えた。

一方で『リーガ・エスパニョーラ』スペイン版公式は久保の活躍を受け、久保がシルクハット、ステッキを身に着けた合成画像をSNSに投稿。「EL MAGO!」(魔法使い)というメッセージを添えている。

リーグ18位と残留争い中のマジョルカ。だがその中でも18歳の日本人MFは、現地スペインでも賛辞の声が集まるほど、確かな存在感を示しているようだ。