【サッカー】元ドイツ代表FWポドルスキの東京五輪出場は消滅か…NADA提出の候補リストに含まれず

ポドルスキの東京五輪出場は実現せず
ポドルスキの東京五輪出場は実現せずポドルスキの東京五輪出場は実現せず

これまでオーバーエイジ枠(OA)での東京オリンピック参加を希望していた元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキだったが、五輪に出場できる可能性がついえたようだ。

東京オリンピックのサッカー競技で、すでに本大会出場を決めているU-23ドイツ代表。シュテファン・クンツ監督は先日、ドイツのアンチ・ドーピング機構(NADA)にOA枠を含め、出場を想定した50名近くのメンバー候補リストを提出した。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が伝えたところによると、その中にポドルスキの名前は含まれていないという。

その一方で、A代表ではすでにヨアヒム・レーヴ監督から「今後招集しない」と名指しされたマッツ・フンメルス、トーマス・ミュラーなどが今回のリストに入っているという。その他、FWマックス・クルーゼやリオデジャネイロ・オリンピックに出場歴のあるFWデイヴィ・ゼルケなどがOA枠の候補と目されている。

2017年夏から2年半Jリーグでプレーしたポドルスキ。本人は「日本の気候を僕は熟知しているし、準備はできている」と東京五輪に向けて前向きな姿勢を見せていたが、2020年1月で神戸から去ることになり、7月からスタートする東京五輪出場の可能性も消滅となったようだ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!