【サッカー】南野拓実のリヴァプール移籍が秒読み段階に…18日に現地入りと英紙報道

南野がリヴァプールでメディカルチェックへ
南野がリヴァプールでメディカルチェックへ南野がリヴァプールでメディカルチェックへ

ザルツブルクに所属する日本代表FW南野拓実が、冬の移籍市場でリヴァプールへ移籍するのではないかと伝えられてきたが、その瞬間はもはや秒読み段階となっている模様だ。

イギリス『BBC』、『Sky』、『Guardian』など複数の現地有力メディアが、現地時間18日にも南野がリヴァプールを訪れる見通しであると伝えている。

記事によると、南野は水曜日(18日)に現地入りし、メディカルチェックを受ける予定になっているという。契約も大筋合意に至っており、早ければ移籍市場がオープンとなる2020年1月1日からリヴァプールの選手になるとのこと。また、新天地で初めて出場する試合は1月5日に予定されているFAカップのエヴァートン戦、いきなりマージーサイドダービーのピッチに立つ可能性もあるという。

今季、ザルツブルクの一員としてUEFAチャンピオンズリーグを戦い、グループリーグではホーム&アウェーと2度リヴァプール相手に存在感を示した南野。今後、アンフィールドのピッチで、赤いユニフォームをまとうことになるのだろうか。

日本代表FWのステップアップが、間もなく決定することになりそうだ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!