サッカー

【サッカー】吉田麻也所属、サンプドリアから5選手が新型コロナウイルスに感染

ガッビアディーニ(左)含めサンプドリアの計5名が新型コロナ陽性に

セリエAのサンプドリアから、5人の新型コロナウイルス感染者が出るという事態になっている。

現在、急速に感染拡大が進み、世界中で大問題となっている新型コロナウイルス。中でもイタリアは1万7600人に感染が確認され、1250人もの死者が出るなど、ヨーロッパで最も深刻な状況となっている。

すでにセリエAは4月3日まで延期されることが決まっている一方、セリエAの所属選手にも陽性確認が相次ぐ結果に。

これまでユヴェントスのイタリア代表DFダニエレ・ルガーニが陽性反応となったほか、12日にはサンプドリアからマノロ・ガッビアディーニの感染が確認された。そして現地時間13日、サンプドリアはさらにオマル・コレイ、アルビン・エクダル、アントニーノ・ラ・グミナ、モルテン・トルスビーの4名が新たに陽性と診断されたことを公表している。

クラブの公式声明によると、各選手に明確な自覚症状はなく、各自がそれぞれ隔離状態にあるという。また、選手だけでなくチームドクターからも陽性反応が出たことも明らかになっている。

これでサンプドリアは一気に5名の感染者を出すという結果に。同チームには日本代表DF吉田麻也も在籍しており、チーム内での感染拡大は大きな懸念材料となっている。

サンプドリアは「定められた手続きに従い、直ちに対策している。クラブの施設をすべて封鎖し、選手、コーチ、スタッフの全員が自宅で自主隔離の状態にある。当面のところ、チームとしてすべてのスポーツ活動を停止する」と活動休止となったことを発表した。